セグメント別概況

[ 第70期 ]

セグメント別売上高と構成比

加工食品事業

ハム・ソーセージ部門

ハム・ソーセージ部門

営業概況

ハム・ソーセージ部門では、「燻製屋熟成あらびきポークウインナー」や「いつも新鮮ロースハム」などの主力商品を中心に、各種キャンペーンなどの販売促進を実施したほか、「プリッとパリッとあらびきポーク」などの新商品を積極的に投入し売上拡大を図りました。中元・歳暮ギフトにつきましては、モンドセレクション最高金賞受賞の商品などを詰め合わせた「王覇」「煌彩」シリーズを中心に拡販に努めました。これらの施策を行いましたが、お客様の節約志向を背景に販売競争がますます激しくなるなど厳しい環境が続き、当部門の売上高は前年同期比1.7%の減収となりました。

売上高の推移

ハム・ソーセージ部門 売上高の推移

商品のご紹介

燻製屋熟成あらびきポークウインナー

燻製屋
熟成あらびきポークウインナー

ドイツアルプス産岩塩を使用し、72時間以上じっくり熟成させることでお肉の旨みを最大限に引き出した、ジューシーで味わい深いあらびきポークウインナーです。

いつも新鮮 ロースハム 4パック

いつも新鮮 ロースハム 4パック
使いきりパックのロースハムです。冷蔵庫の常備品としておすすめです。

調理加工食品部門

調理加工食品部門

営業概況

調理加工食品部門では、「ビストロ倶楽部ビーフカレー」シリーズなどのレトルトカレー商品が順調に推移したほか、リニューアルしました「ドリアソース」シリーズや、「サラダチキン切落し」などの新商品を積極的に投入し拡販を行いました。デザート・飲料類につきましては、「3層仕立てのジュレパルフェ」などが好調に推移したほか、ブラックタピオカ入り飲料の「TAPIOCA TIME」シリーズを中心に販売促進を実施しました。以上の結果、当部門の売上高は前年同期比4.9%の増収となりました。

売上高の推移

調理加工食品部門 売上高の推移

商品のご紹介

ビストロ倶楽部ビーフカレーシリーズ
じっくり炒めたあめ色玉ねぎのコクと牛肉の旨みが溶け込んだ味わい深いカレーに、51種類のスパイスで香り豊かに仕上げました。3種類のお好みの辛さを選んでいただけます。ビストロ倶楽部ビーフカレーシリーズ

食肉事業

食肉事業

営業概況

牛肉につきましては、国産牛肉は相場が前年を下回る状況で推移するなかで販売数量を拡大し、売上高は前年を上回りました。米国産チルド牛肉は販売数量・売上高ともに好調に推移しました。豚肉につきましては、ブランド豚肉の販売に注力した国産豚肉の販売数量は伸び悩む一方で、米国産チルド豚肉は販売数量が拡大し売上高が伸長しました。以上の結果、当セグメントの売上高は前年同期比7.1%の増収となりました。

売上高の推移

食肉事業 売上高の推移
エクセレント・ディナービーフ

エクセレント・ディナービーフ
米国産牛肉最高グレード「プライム」に注目し、当社独自でプライベートブランド化、日本国内のマーケティングを行っています。

チェアマンズ・リザーブ

チェアマンズ・リザーブ
米国産豚肉の中で、スーパー並びにアウトパックセンター使用を第一に考えた規格化ブランド商品です。商品の均一性(肉色、大きさ等)がご好評いただいています。