生産活動

安全でクオリティの高い商品を安定して供給するために、
万全の管理体制と実践的な取り組みを実現。

私たちにとって、何より大切なこと。それは、安全・安心でおいしい商品を作り出すことです。そのため、衛生管理や温度管理など厳格な手順・方法を定めると同時に、必要なものを必要な時に必要なだけ生産するジャスト・イン・タイムの生産方式を採用。また、生産した食肉加工品のトレーサビリティ体制(生産履歴の追尾システム)の整備も行われています。

徹底した管理体制により安全性を追求

丸大食品では、全国6工場において厚生労働大臣が承認するHACCPシステムに基づいた衛生管理を実施。厳しい品質基準と幾重にもわたるチェック機能によって万全の管理体制を敷いています。法令遵守とお客様第一を考えた安全性と品質の追求。それが私たちの管理体制へのこだわりです。

環境と安全性を重視した生産工場

丸大食品では、全国6工場において環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001を取得。また、その他の工場においても認証取得に向けた取り組みを行うなど、環境に配慮した商品供給体制を敷くための活動を進めています。

分析検査の流れ