品質保証への取り組み

HACCPシステムをベースにした管理

※原料の入荷から製造・出荷までのすべての工程においてあらかじめ危害を予測し、その危害を防止(予防、消滅、許容レベルまでの減少)するための重要管理点(CCP)を特定して、そのポイントを継続的に監視・記録(モニタリング)することで製品の安全性を確保するシステムです。

システムを検証するため、各種検査の実施

管理システムが有効に機能しているかどうか客観的に確保するため、各種検査を実施しています。

  • 微生物

    クリーンベンチでの微生物検査

  • 残留物質

    高速液体クロマトグラフィーによる残留物質の検査

  • 食品添加物

    分光光度計による亜硝酸根の定量

  • 栄養成分

    原子吸光分光光度計によるナトリウムの定量

  • 品質確認

    pHの測定

FSSC22000

FSSC22000は、HACCPシステムをベースとした食品安全に関する国際規格であり、国際的な食品メーカーや食品流通会社の連合組織であるGFSI(国際食品安全イニシアチブ)により承認された規格です。

▼下記一覧表は弊社工場のうち、FSSC22000の認証を取得した施設の一覧です。

FSSC22000認証取得工場一覧

工場名 初回認証取得年月日
新潟工場 2020年8月21日
関東工場 2017年3月2日
高槻工場 2019年8月5日
唐津工場 2018年5月5日

JFS-B規格

JFS規格は、JFSM(一般財団法人食品安全マネジメント協会)が策定した日本発の食品安全に関する民間規格です。
JFS規格は、A/B/Cの3つの規格内容に分かれており、段階的な認証の取得が可能になっています。
JFS-B規格は、厚生労働省のHACCP制度化における「HACCPに基づく衛生管理」の基準を包含しています。

▼下記一覧表は弊社工場のうち、JFS-B規格の認証を取得した施設の一覧です。

JFS-B規格認証取得工場一覧

工場名 初回認証取得年月日
岩手工場 2020年10月1日
茨城工場 2020年8月3日
横須賀工場 2020年8月20日
湘南工場 2020年12月1日
松阪工場 2020年11月24日
岡山工場 2020年11月9日