Plasmax®とは?

Plasmax®(プラズマックス)

Plasmax®とは?

Plasmax®は丸大食品の登録商標です。

当社が販売する国産の鶏ムネ肉を原料とし、当社独自の特許製法*1
製造した「鶏ムネ肉プラズマローゲン」素材の証です。

皆さまがより健やかな生活を送れますように、との想いをもって、
私たちが安全・安心な素材をお届け致します。

*1 特許登録番号 6542408 リン脂質濃縮物生産方法
  特許登録番号 6585749 リン脂質濃縮物製造方法

プラズマローゲンとは何か?

脂質の分類と種類についての図 脂質の分類と種類についての図

プラズマローゲンはリン脂質の一種で、体内では抗酸化作用、多価不飽和脂肪酸(DHAなど)の貯蔵庫としての役割を果たしていると考えられています。心臓や骨格筋など、酸素を大量に消費する部位に多く存在し、特に脳に多いのが特徴です。

年齢とともに変化する血清中のプラズマローゲン量のグラフ 年齢とともに変化する血清中のプラズマローゲン量のグラフ

体内のプラズマローゲンの量は加齢に伴って減少していきます。また、年齢との関連だけではなく、アルツハイマー病患者の脳でもプラズマローゲンが減少していることが報告されており、認知機能に関わる成分として研究が進められてきました。

開発ストーリー

当社がプラズマローゲンの研究に着手したのは、「親鶏由来の機能性リン脂質に関する研究」として、2007年度、農林水産省の民間実用化研究促進事業に応募したのが始まりでした。

親鶏とは、採卵用に飼育される鶏のことです。成長してから長い時間が経過しているため肉質が硬く、精肉としての利用は限定的です。年間数億羽生産されているこの親鶏の有効活用を目的として研究を開始し、ムネ肉からプラズマローゲンを抽出することに成功しました。

親鶏の有効活用を通じて国民の皆さまの豊かで健康な食生活に貢献できれば幸いです。