丸大食品は未来のわんぱく応援企業です

わんぱくキッズ応援

わんぱくアスリート応援

わんぱくうちエコ応援

わんぱくアスリート応援 丸大食品はJOCオフィシャルパートナーとして「食とスポーツ」に取り組みます。わんぱくアスリートたちの健康を、たっぷりの栄養とおいしさで応援します。

スポーツ選手にオススメの栄養素

  • 持久力をUPする 炭水化物 マラソン選手などには、特に欠かせない成分。ごはんに多く含まれています。
  • 体内の調整役 ビタミンB	炭水化物や脂質をエネルギーに変えてくれます。ウインナーや焼豚に含まれています。
  • すみずみへ酸素を送る 鉄分 体内の各器官に酸素を運搬する大切な役目をします。
  • カラダを頑丈にする カルシウム 骨太な体格づくりを助 けます。頑丈な骨格は ケガ防止にも大切です。
  • 瞬発力がつく タンパク質	短距離走などの選手はしっかり摂りたい栄養素。筋肉をつくりますから、毎日食べましょう。
  • スポーツをする 12〜14歳男子には3000Kcal(1日総エネルギーが目安です。)

図:一日に必要な食品の目安

ページTOPへ

SPECIAL"WANPAKU"TALK 松岡修造さん×わんぱくん

はじめまして!
丸大食品食育キャラクターの「わんぱくん」です。
今回は元プロテニスプレーヤーの松岡修造さんに
お話をお聞きします!

01 丸大食品は、スポーツをガンバるわんぱくキッズたちを応援していますが、 松岡さんから、わんぱくアスリートに、食事のアドバイスはありますか?

大切なのは、食を楽しむということ。笑顔で、よく噛んで、味わって食すことですね。誰と、どこで食べるかもポイントです。僕の場合は、会話を楽しみながらの食事が、ゆっくり食べられるし、至福の時ですね。

02 もっと試合で活躍するためには、何を食べればいいですか?

僕の場合は、試合前にはなるべく炭水化物を摂るようにしていました。また、強い筋肉をつくるためにも、肉類は日を決めて摂るようにしていましたね。

03 アスリートとして、普段の食事で心がけていることを教えてください!

アスリートとして、よりよいパフォーマンスにつながる食事を一番に心がけています。
だからこそ、体にも、心にも、よい食を摂るようにしています。

04 子供の頃の、ハムやソーセージを使った思い出のメニューがあれば教えてください!

僕が子どもの頃、お弁当は父の担当だったんです。特に、父のつくるハムパイナップルは大好物でした。そして、一番楽しみにしていたのは、家での鉄板焼き!ソーセージを3人兄弟で取り合うのが楽しみでした。

05 松岡さんにとって、「食とスポーツ」はどんな関係ですか?

まさにお互いが比例しあうものですね。「“EAT TO WIN ”=食べて勝つ!」。この言葉の意味がわかってきたときに、真のアスリートになれると感じています。

親が子どものためにできること、特にスポーツをしているお子さんのために できることのひとつが“愛情食”。つまり、気持ちのこもった食を用意してあげること。“エネルギーの源”として、親ができる最高のサポートだと思います。

わんぱくであれ たくましくあれ 一食懸命! 松岡修造

松岡修造(まつおかしゅうぞう)

生年月日/1967年11月6日 出身地/東京都 身長/188cm 体重/85kg
主な戦績
■1992年:KALカップ優勝
■1992年:ステラアルトワグラスコート選手権準優勝
■1995年:ウィンブルドンベスト8

ページTOPへ

わんぱく食育レシピ

育ち盛り食べ盛りの子どもたちのために、旬の素材と丸大食品を使用したレシピをお届けします。かんたんにつくれてしかも栄養満点でおいしい「食育レシピ」を、ぜひご活用ください!

わんぱく食育レシピ 丸大食品を使用した食育レシピをご紹介!

わんぱくんとは?

このサイトの各ページでいたずらな笑顔を見せてくれている謎のキャラクター、「わんぱくん」。丸大食品からのお役立ち情報を楽しく分かりやすく教えてくれる、わんぱくんっていったい何者?

わんぱくんとは?