OUR WORKS

営 業

クライアントの課題を具現化する

商品企画・提案のスペシャリスト

営業系職種 T.R

CVS営業部 東京支店 2018年入社
基礎工学部 生物工学科 卒

  • STORY 01

    次に繋がる関係構築と、課題の抽出が私のミッションです

    食や料理をすることが好きで、新卒で丸大食品に入社して以来、東京支店のCVS営業部でコンビニエンスストア向け業務用食材の提案営業をしています。
    扱う食品は弁当やサンドイッチなどに使われている具材が中心で、先方の要望や課題を抽出し、開発担当と協力しながら商品を作り上げます。提案のほかにも発売後の在庫管理やクレーム対応なども担当しています。
    コンビニエンスストアでは頻繁に商品のリニューアルが発生するので、そのたびに競合への切り替えリスクもある厳しい環境です。その中で私が心掛けているのは、得意先との綿密な関係構築。ただ近況を聞くだけでなく、悩みをヒアリングしたり、先方から宿題をもらったりして次の案件へつながるように意識しています。営業である私の役割は、相手の要望を明確にし、正しく開発担当に伝えることだと思っています。クライアントにとって「悩みを相談でき、解決策を提示してくれるパートナー」でいたいですね。

  • STORY 02

    営業を始めてから、客観的な視点が身に付きました

    多くの人と会話するこの仕事において、客観的な視点は不可欠だと思います。私が担当しているクライアントは1社ですが、弁当やサンドイッチなど、商品によって担当者が変わります。当然ですが、商品の成分や市場調査の結果など、食材を選ぶ基準も全員違うので、「私がこの方ならどんな提案が刺さるか」を客観視して準備するよう心掛けています。社内のチームメンバーや他部署の社員と関わるときも、相手の立場を客観的に考えながら話すと物事がスムーズに進みます。入社前は開発の仕事に興味がありましたが、今は商品の全体像を作る営業の仕事が面白いので、もっと続けたいですね。
    営業のやりがいは、やはり自分の提案した商品が店舗に並んだとき。以前、友人に「これ、おいしいね。どこの会社が作っているの?」と聞かれた商品にたまたま私が関わっており、うれしかった経験があります。特にコンビニエンスストアの商品は、全国の方々に手に取られる機会があるので、とてもわくわくします。

半年かけて新商品を考案。強い思いが届き、採用が決定

入社1年目のときに初めて新商品の提案を任されました。飲食店などの商品を分析し、開発担当と相談しながら商品を提案しましたが、そう簡単ではありませんでした。フィードバックをもらった内容に沿って改良を何度も重ね、半年ほどかけてついに採用が決定。初めての採用だったので、達成感も大きかったです。社内の開発担当には何度も試作をお願いすることになりましたが「この新商品は絶対に私が決めたい」という強い意思を持ち続けられたからこそ商品化につながったのだと思います。私はすごく負けず嫌いで「売上を達成したい」という気持ちが強く、たとえ売上が取れなくても、絶対にやりきりたいタイプ。営業には対人スキルも必要ですが、当社の場合「強い思いを持った人」が、活躍できると思いますね。

一日のタイムスケジュール

採用エントリーはこちらから

採用に関するご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

ENTRY